あなたにも出来る1時間修理

アウターブーツのチェック

FF車のミニのドライブシャフトの等速ジョイント部分には、走行中常に前後、上下、左右いろいろな方向から力が加わっています、この等速ジョイントは大きな角度で高速回転するFF車のドライブシャフトには無くてはならないものです。負担の多いジョイント内部はボールベアリングの潤滑と冷却のために大量のグリースが入っており、このグリースの飛散防止とドライブシャフトの等速ジョイント部分を泥や埃、水などから守るためにゴム製のアウターブーツがあります。

分解せずに被せるタイプも販売されておりますが、製品の品質によっては長持ちしないモノ、または商品によってはプロでないと正しく取り付け出来ないモノもあるようです。

また、このラバーブーツは経年劣化しやすく年数が経つと必ずヒビが入り、そのまま裂けてしまって
グリースが飛び散り、車体やホイール周辺を汚してしまいます。

ラバーブーツが裂けると、ドライブシャフトの等速ジョイント部分に水や泥が入り込み、錆びやガタつき、異音などトラブルを引き起こします。

最悪は、ベアリングが傷付き、高価なドライブシャフトのアッセンブリー交換になってしまいます。
そうならないために、まず見える範囲からチェックして見ましょう。

タイヤ直後のボディーやホイールのスポークやリム等にグリースは付着していませんか?

そしてハンドルを切りフロントバンパー下側から覗いたり、フロントホイール裏側を後方から覗く(前方からではキャリパーが邪魔なので。)と、ハブからブレーキディスクへつながるブーツを確認し、裂け目やゴムの劣化はどうでしょうか?

また、ホイールローテーション時などジャッキアップしてホイールを外す機会には、必ずブーツの状態を確認する習慣をつけましょう。

もしブーツに異常があるようでしたら、お近くのミニ スペシャルショップで点検してもらってください。

  商品のお問い合わせ・点検は全国ミニショップまで。 ▲ページTOPへ
●症状はあくまで参考です。 
●詳しくはミニスペシャルショップで点検をお受けください。
Copyright (C) 2003-2013 SANWA TRADING & CO., All Right Reserved.

TOPへ