SUPER BATTLE of MINI

SUPER BATTLE of MINI 2020 第 4 戦 開催のお知らせ





SUPER BATTLE of MINI 2020 年シーズンの 第 4 戦を、11 月 22 日(日)筑波サーキットコース 2000 にて開催いたします。
今シーズンよりクラス名称の変更やレギュレーションの改定などを実施いたしました。新たなSUPER BATTLE of MINIをお楽しみください。
SUPER BATTLE of MINIは、クラシックミニをはじめ、ブリティッシュスポーツカーなど、英国車やヨーロッパ車で競う、レースを楽しめる本格サーキットイベントです。また、参加費無料のフリーマーケット、カーブーツセールといったコンテンツもございますので、サーキット走行に参加しない方もお楽しみいただけます。ご入場、駐車場は無料のワンデイ イベントです。たくさんのクラシックミニそして英国車が集まる、関東で話題のサーキットイベントです。本格サーキットで白熱した英国車のバトルをお楽しみ下さい。
参加にあたっては注意事項、レギュレーションをご確認の上、ルール・マナーを守ってご参加ください。


2020 年 シリーズ 第 4 戦
最終戦


7 Years of the SBoM 
スーパーバトル・オブ・ミニ 7 年の軌跡 


≪ 新型コロナウィルス感染予防対策についての重要なお知らせ ≫


コロナ禍の影響で、さまざまなイベントが中止を余儀なくされています。サーキットでのモータースポーツは、注意を払い3密を避けることが可能な屋外イベントです。また、サーキットへの移動も公共交通機関を利用せず、自家用車などでの移動になりますので、他人との接触を抑えることが出来ます。ご来場のみなさまには、受付やブリーフィングの際の参加者同士の接近、接触に十分注意してご参加いただくようお願い申し上げます。

筑波サーキットをご利用いただくにあたり、当日の受付時に「問診票」の提出が必要です。事前に必要事項を記載し、提出してください。

新型コロナウィルス感染予防対策について 
(必ずお読みください)

問診票 ≫
(ダウンロードでご記入いただき、当日受付時に必ずご提出ください)


≪ ゼッケン(カーナンバー)について ≫

SUPER BATTLE of MINIレースクラス参加者の方には、固定ナンバーを推奨しております。ご希望の方には、現在使用可能なナンバーをお知らせいたしますのでお気軽にお問い合わせください。
また、レンタルゼッケンをご使用になる場合は、幅38mm以上のビニールテープやガムテープなどで確実に固定してください。一般的な19mm幅のビニールテープや養生テープですと、走行中大変剝がれやすく、走行の妨げになる他、事故の原因になることもございますので、これら養生テープや幅の狭いテープの使用を禁止とさせていただきます。イベントの円滑な進行の為、ご協力お願いいたします。



■ ABOUT

   参加申込書       エントリーリスト       レギュレーション   フラッグの意味
誓約書 タイムスケジュール  ドライバーズポイント コース2000公式タイム計測ポイント

誓約書には必ず住所、氏名、連絡先を明記してご提出ください。

(コロナウィルス感染拡大対策に使用する場合もございます。)

※事務処理の都合上、エントリー最終締め切りを11月18日(水)までとさせていただきます。







■ MOTO SPORTS CLASS(モト・スポーツ・クラス)





これまで SILHOUETTE CLASS とされていた改造範囲の高いミニは、2015 年より " モト・スポーツ " にクラス名称が変更しました。
ボディ外観も大きく改造されたマシン、最速・最強のマシンがしのぎを削るカテゴリーです。
ボディ、シャシー、エンジン、サスペンションなど、ほとんど無制限の自由改造が認められているため、その外観、エキゾーストノートはまさにモンスター。

2016 年から参加ドライバーはハンス着用義務になっております。

   


■ SILHOUETTE CLASS (シルエット クラス)

これまで SUPER BATTLE of MINI A クラスで、筑波サーキットコース 2000 を 1 分 9 秒台で走行するクラスで、筑波サーキットのラップタイムを基準に設けられた SILHOUETTE CLASS は特別な存在です。

ワークスマシンはもちろん、プライベーターでも細部にまでレース専用部品が使用され、ハイスペックな仕様になったマシン。そして究極に仕上がったマシンのポテンシャルを十二分に引き出すドライバーのテクニック。コース上での駆け引きの全てが高次元で、見ている人たちを魅了するクラスです。
2016 年から参加ドライバーはハンス着用義務になっております。


   


■ SUPER BATTLE of MINI (スーパーバトル オブ ミニ)

今シーズンより名称変更した「OPEN CLASS」と「SPRINT CLASS」に昨シーズンの記録と参加者の希望を踏まえシーズンを通し振り分け、従来どおり、予選とするスポーツ走行を 20 分走行していただき、そのラップタイムの結果、決勝グリッド決定します。決勝はグリッドスター トで 8 周のレースを行う SUPER BATTLE of MINI (スーパーバトル オブミニ)。

さまざまなミニのレースイベントに参戦している参加者はもちろん、スポーツ走行会 からレースクラスに挑戦する方も少なくありません。
OPEN CLASS に参加のドライバーはハンス着用を強く推奨します。


SUPER BATTLE of MINI OPEN CLASS
予選 決勝
OPEN 予選 >> OPEN 決勝 >>
OPEN 予選個別 >> OPEN 決勝個別 >>   
OPEN グリッド表 >>


SUPER BATTLE of MINI SPRINT CLASS
予選 決勝
SPRINT 予選 >>      SPRINT 決勝 >>
SPRINT 予選個別表 >> SPRINT 決勝個別表 >>     
SPRINT グリッド表 >>


■ GPRc7 Class(Genuine Parts Racing category 7)

ミニで走ることを楽しむために、必須 7 項目と安全を重視する新たなカテゴリー。英国ミニミグリアのSクラスのレギュレーションを参考に考えたこのクラスは、クランク、コンロッド、シリンダーヘッドなどに純正部品を使用し、それらを磨きレースを行います。限界は、低いものの、作り手のアイディア、乗り手の技術が際立ち、その情熱も伝えることのできるカテゴリーと言えます。最大排気音量も 105db とし、ストレートマフラーのサウンドもあり、揃ったシルエットとスクリーンシェイドの姿は、必ず観る人を楽しませると考えます。

>>GPRc7 レギュレーション<<
>>GPRc7 車輛規定<<

GPRc7 Class
予選 決勝
GPRc7 予選 >>      GPRc7 決勝 >>
GPRc7 予選個別表 >> GPRc7 決勝個別表 >>     
GPRc7 グリッド表 >>


■ INJECTION CLASS (インジェクションクラス)




ノーマル ECU の使用が条件の " INJECTION CLASS " (インジェクション クラス)です。
2015 年より
サブ・コンピューターの使用が不可となりました。
 
INJECTION CLASS では、昨シーズンの記録と参加者の希望を踏まえ、「EVOLUTION CLASS」「TUNING CLASS」「 LEGAL CLASS」 の3クラス振り分けます。

クラス振り分けに伴う基準タイムは以下になります。

EVOLUTION CLASS 筑波サーキット公式時計 1分11秒台まで
※ TUNING CLASS 筑波サーキット公式時計 1分12秒台~17秒台まで
※ LEGAL CLASS 筑波サーキット公式時計 1分18秒台~

新規参戦のお客様もお気軽に参加できます。特に LEGAL CLASS(リーガル クラス)はナンバー付きの車両が多く参加されるので、初心者の方でも安心して参戦していただけます。参加に関しては、全国のクラシック・ミニ スペシャルショップへお問い合わせください。


※SUPER BATTLE of MINI 2020 シーズン
昨シーズン「EVOLUTION CLASS」「SPRINT CLASS」「LEGAL CLASS」のクラス分けを固定にしておりましたが、2020年シーズンから、「SPRINT CLASS」の名称を「TUNING CLASS」と変更いたしました。参加ご希望の際は申込書記入の際ご注意ください。

INJECTION EVOLUTION/TUNING Class 
予選 決勝
EVOLUTION/TUNING 予選 >> EVOLUTION/TUNING 決勝 >>
EVOLUTION/TUNING 予選個別表 >> EVOLUTION/TUNING 決勝個別表 >>
EVOLUTION/TUNING グリッド表 >>


INJECTION LEGAL Class  
予選 決勝
LEGAL 予選 >> LEGAL 決勝 >>
LEGAL 予選個別表 >> LEGAL 決勝個別表 >>
LEGAL グリッド表 >>


■ BATTLE of MINI 1000 (バトル オブ ミニ 1000)

2014年 SUPER BATTLE of MINI レースクラスに新たに登場した MINI1000 クラス。
ナンバー付き、レース専用車両に関わらず参加出来ます。

パワーユニットは、1000cc エンジンブロック。1300cc シリンダーヘッド可。バルブ、カムシャフトの個数、搭載位置は自由。ターボ、スーパーチャージャー不可。 4 点以上ロールケージが望ましい。バケットシー ト、4 点式以上シートベルト装着義務。 ラバーコーン、コイル式サスペンション、その他自由。フルフロント可。表彰は、1 位から 6 位まで、オリジナルトロフィーを贈呈します。もちろん、ドライバーズポイントも付与されます。 是非、MINI 1000 で新しい Mini の楽しみ方をお試し下さい。

     

BATTLE of MINI 1000
予選 決勝
BATTLE of MINI1000 予選 >> BATTLE of MINI1000 決勝 >>
BATTLE of MINI1000 予選個別表 >> BATTLE of MINI1000 決勝個別表 >>
BATTLE of MINI1000 グリッド表 >>


■ EUROPEAN CLASSIC CHALLENGE (ヨーロピアン クラシック チャレンジ)

    BRITISH SPORTS CAR CHALLENGE クラスが 2015 年より " EUROPEAN CLASSIC CHALLENGE " にクラス名が変わりました。オープンエアの車両や流れるようなフォルムのクーペボディ。MG、Triumph、 Healey、Jagurar など、イギリスの名車の他クラシック アルファ・ロメオ等も参戦。ヨーロッパ車の新たなバトルが繰り広げられます。
イギリス、イタリア、フランス車の1980年式までで争われる新しいクラスです。


EUROPEAN CLASSIC CHALLENGE
予選 決勝
EURO 予選 >>      EURO 決勝 >>
EURO 予選個別表 >> EURO 決勝個別表 >>  
EURO グリッド表 >>


FORMULA CLASSICS

      約 20 分の予選とするスポーツ走行を行っていただき、グリッドスタートのレース形式のスポーツ走行をして頂きます。歴史的価値のある CLASSIC FORMULA CAR のバトルをお楽しみ下さい。

>>クラス分け レギュレーションはこちら<<

 


FORMULA CLASSICS
予選 決勝
FORMULA 予選 >>      FORMULA 決勝 >>
FORMULA 予選個別表 >> FROMULA 決勝個別表 >>      
FORMULA グリッド表 >>

一般スポーツ走行会

一般スポーツ走行会は、20 分を 1 回の走行枠とさせていただき、2 回走行していただく、合計約 40 分間のスポーツ走行クラスとなります。
参加者の希望、または申込書の記載タイムによって「スポーツ走行会 A (従来のSPRINT CLASS)」と「スポーツ走行会 B ( FRESHMAN CLASS)」の2クラスに分けさせいただきます。※参加台数及びタイムスケジュールの都合により1クラスとさせていただく場合もございますのでご了承ください。
このクラスはサーキット走行が初めての方でも安心して参加いただけます。

ただし、ご乗車になる方はドライバーお一人様限りで、ヘルメット(フルフェイス型を推奨、ジェットタイプの場合は、鼻、口を覆うインナーマスクを着用して下さい。)、 ドライビンググローブ、レーシングスーツ、レーシングシューズ(またはドライビングシューズ)の全てを必ず着用して下さい。レーシングスーツをお持ちでない方は、長袖、長ズボンを着用して下さい。

>>フラッグの意味<<

 


【リザルト】※pdfにてご覧いただけます。 走行会 A 走行会 B
1回目 回別 A-1>> 個別 A-1>> 回別 B-1>> 個別 B-1>>
2回目 回別 A-2>> 個別 A-2>> 回別 B-2>> 個別 B-2>>
総合  結果表 総合>> 結果表 総合>>

↑TOP



■ SUPER BATTLE of MINI 2020 フリーマーケット(flea market)/ カーブーツセール(Car boot sales)

  欧米では週末ごとに開かれるブーツセール。宝探しのような楽しさがあります。アンティークやヴィンテージ
マーケットを眺めれば、雑誌でしか見たことのない憧れの品に巡り合うかもしれません・・・
古いものを大切にするイギリスの文化。イギリス人は蚤の市が大好きです。大きく広げたスペースでなくても結構です。
クルマのトランクを開けて商品を展示すればそれはカーブーツセール ! カー用品だけでなくても結構です。お気軽に参加ください。
主に英国車のオーナー様参加のフリーマーケットになります。 2018年第3戦から参加料は無料とさせていただきます。サーキット走行に参加しない方もお気軽にご参加くださ い。 受付は、当日コントロールタワー隣り 2 階のサービスセンターで承ります。参加内容は下記になります。 たくさんのご来場お待ちしております。

 参加資格:英国車オーナーに限る
 受付:当日サービスセンターで必要事項を記入
 場所:筑波サーキットAパドック内最終コーナー駐車スペース 
 参加料金:無料
 車両:フリーマーケット開催場所まで乗り入れて下さい (出店1枠に車両1台)



■ 参加料と参加方法

レースクラス ¥ 18,150(税込、筑波サーキット保険込み、予選約 20 分 + 8 周回の決勝 )
スポーツ走行クラスは ¥ 8,910(税込、筑波サーキット保険込み、20 分×2 本)、

また、レースクラスの表彰式では、上位 1 位から 6 位 までの方を表彰とさせていただきます。
ただし、MOTO SPORT CLASS / SILHOUETTE CLASS / EUROPIAN CLASSIC CHALLENGE / FORMULA CLASSICS は 1 位から 3 位までの方を表彰とさせていただきます。
表彰対象の方にはオリジナルトロフィーを授与させていただきます。(受賞者の方は、表彰式の際レーシングスーツでの参加をお願い致します。)


参加方法は、ミニ スペシャルショップへお問い合わせ下さい。全ての方の入場、駐車場は無料です。



■ 各レースクラス メディカルチェック実施について



 当日のメディカルチェックはございません。サーキット医務室には看護師が常駐していますの
 で、体調不良などありましたら医務室へお越し下さい。また、血圧計は無料での貸出を
 行います。医務室でご利用下さい。皆様がこれからも安全に楽しくモータースポーツを続けて
 頂く為に、ご協力をいただけますようお願いいたします。



■  MC 紹介

 久野彰久(くの あきひさ)

 誕生日:
 出身地:愛知県
 SUPER BATTLE of MINI開催から長きにわたり実況アナウンサーを行っていた名物MC。その独特な感性は実況を担当した
 当初から参加者にも評判となる。中部地区で行われていたG6ジムカーナの実況を担当した事から始まり、各ジムカーナ
 地区戦の実況、美浜サーキット耐久シリーズ、スパ西浦モーターパークのスプリントレースシリーズのレース実況を歴任。
 その後岡山国際サーキット、富士スピードウェイ等でアルファロメオチャレンジの実況を担当し SUPER BATTLE of MINI
 の実況をメインで担当する。

 山本和正(やまもと かずまさ)

 誕生日:1972年5月2日
 出身地:愛知県
 レーシングカートを経験し、英国ジムラッセルレーシングスクールに参加するなどフォーミュラーの経験を積みF4関西
 選手権をはじめ数々のレース実績を持つ。レース実況においてはYZサーキット在職時代のスプリントレースの実況を
 始め、美浜サーキット耐久レースの実況の経験があり、2005年からアルファロメオチャレンジ、現在はRUSHカップ、
 そしてSUPER BATTLE of MINIの実況を担当している。また、様々なレースの管制や進行等も担当。サーキットの包括的
 な進行を担当できるオールラウンダー。

 井上直美(いのうえなおみ)

 誕生日:12月2日
 出身地:東京都
 レイクサイドミニパーティーでもおなじみ「なおちん」。女性初表紙を飾った雑誌『シーバスマガジン』連載や声優(魔法
 先生ネギま!など)など幅広く活動中。SUPER BATTLE of MINIの他、富士スピードウェイで開催される32fesでもMCを
 務める。

 四輪自動車国内A級ライセンス/書道七段/Jr.オイスターマイスター



■  待機場所

ゲートオープンは、午前 6 時 15 分 になります。時間になるまではトンネル入り口前でお待ちください。
入場していただき、必ず各参加クラスの待機場所に車両を整列してください。
ピットは、参加者の皆様で共有になります。特に天候の悪い場合は、荷物置き場、待機場所として皆様でご協力くださいますようお願いいたします。
尚、パドック内は参加車両以外の駐車はできませんサービスカー、積載車などは無料の駐車場に移動するようお願いいたします。
車両に移動に十分ご注意ください。また、お子様など観戦しているお客様にもご注意くださいますようお願いいたします。

サーキットイベント参加のための仮ナンバーでのご来場は絶対に行わないようお願いいたします。

待機場所は >>こちら<<


※SUPER BATTLE of MINI

各レースクラスの参加者のみなさまは、決勝開始30分前には必ず出走準備を開始するようにお心がけください。


■ タイムスケジュール

参加者の皆様は、タイムスケジュールに沿って進行のご協力をお願いいたします。
特に一般スポーツ走行会はもちろん、レースクラスにエントリーされている方は、ドライバーズミーティングに必ず出席してください。
ミーティングが行われるVIPルームでは、出席表にチェックマークの記載をお願いいたします。
特にレースクラスの参加者の方でミーティングに欠席された方は、ポイントから減点させていただきます。

イベント当日は、事故や故障車の回収、コース上の清掃その他の要因でタイムスケジュール通りに進行しない場合がございます。
できる限り迅速に対応させていただきますので、ご了承ください。

>>タイムスケジュールはこちら<<
※タイムスケジュールは開催日までに変更する場合がございます。
 また、開催当日も進行状況によって変更する場合がございますのでご了承ください。


■ リザルト配布について

SUPER BATTLE of MINIでは、スポーツ走行クラスからレースクラス予選、決勝のリザルトを発行しています。
リザルト配布に関しましては、走行終了後発行されるまで時間がかかる場合がございますのでご了承ください。
尚、各クラスのリザルトが発行されましたら、場内アナウンスでご案内させていただきますので、その後サービスセンターへお越しください。
また、リザルトは参加者に対して1枚となりますので、受け取りの際はお間違いの無いようお願いいたします。




■ トランスポンダー(自動計測器)の取り付けについて

クラシック・ミニにおきましては、進行方向右側リアクォーターガラス部分にお願いいたします。これはメインストレート走行時などコントロールタワーまたピットからトランスポンダー番号を認識するためでもあります。
従来はドライバー側ドア内側に取り付けていただきましたが、信号を認識しない、認識しにくい事例がありました。
これを受け、トランスポンダーの取り付け位置の確認をお願いいたします。

2シーター、スーパーセブン、フォーミュラー、ピックアップなどクォーター部分の該当がない車両は従来通りの取りつけ位置で結構です。(不具合が発生した場合はフラッグなどで知らせる場合がありますのでご注意ください)

>>自動計測器(トランスポンダー)取扱説明書<< 
>>コース2000公式タイム計測ポイント図<<



■ 走行マナーとペナルティ

みなさんがご存知のフラッグは、サーキット走行をする際に絶対に守らなければいけないルールですが、 走行中の走路マナーもまた、事故につながらないようにするための重要な注意点です。 また SUPER BATTLE of MINI のレースクラスでは、ペナルティの対象になりますので、 しっかり理解し、走行中に対応できるようご注意ください。

常にコントロールタワー管制室で、管制員 2 名、競技委員長、競技監視員が目視、またモニターで、コントロールタワー 1 階の筑波サーキットスタッフと同時監視しています。レースクラスだけでなく、全ての走行に関して細かい走行ルールを監視します。



 1) コーナー進入時の優先権

 サーキットの各コーナーへ進入する際には、他の車両が存在する場合(複数の車両で進入する)、 少しでも
 前にいる車両にコーナーへの進入優先権があります。 イン側、アウト側に関わらず、後続の車両は、優先権の
 ある車両の動きに対応できるよう、 心構えをしてください。
 


 2)制動中の走路変更

 
各コーナーへ進入する際、制動中(ブレーキング)の走路変更は行わないでください。 制動中は前の車輪に
 荷重が大きくかかっていて、同時にハンドルを切って走路変更を行うと、 車両の動きが不安定になり、予想
 できない挙動をする事が考えられます。ご注意ください。
 


 3)ストレートでの走路変更

 ストレートでの進路変更は原則 1 回限りです。また、ブロックラインを取る行為以外のあからさまな進路妨害
 は危険行為と判断されます。自分と相手のラップタイムを把握し、マージンを考えた安全な走行を心掛けて
 ください。

 

■  ホワイトラインカットの意味

みなさまがモータースポーツを楽しまれているサーキットでは、ピットアウト、ピットインの際、ピットロードに白線が引かれている場合、この白線をまたぐことは禁止されています。32fes(ミニフェス)が開催される富士スピードウェイでは、特にピットアウトの際、白線が長いため、白線をまたいでコースインする車両が目立ちました。国際モータースポーツ競技規則にも記載されているとおり、いかなる方向であっても、横断することは禁止されています。また、競技中ではペナルティの対象になります。十分注意してモータースポーツをお楽しみください。



■ 注意事項【 重要なお知らせ 】


■ 新型コロナウィルス感染予防対策についての重要なお知らせ
コロナ禍の影響で、さまざまなイベントが中止を余儀なくされています。サーキットでのモータースポーツは、注意を払い3密を避けることが可能な屋外イベントです。また、サーキットへの移動も公共交通機関を利用せず、自家用車などでの移動になりますので、他人との接触を抑えることが出来ます。ご来場のみなさまには、受付やブリーフィングの際の参加者同士の接近、接触に十分注意してご参加いただくようお願い申し上げます。 筑波サーキットをご利用いただくにあたり、当日の受付時に「問診票」の提出が必要です。事前に必要事項を記載し、提出してください。また新型コロナウィルス感染拡大対策に使用する場合もございますので、誓約書には必ず住所、氏名、連絡先を明記してご提出ください。

新型コロナウィルス感染予防対策について ≫
問診票 ≫

■ ドライバー ズミーティングへの出席とサーキット走行をする上での注意事項

モータースポーツは、身近な例で言えばゴルフや野球、テニスやサッカーなど、他のスポーツと同じように、ルールに基づいて行われます。
そして、それぞれの競技ルールは、プロ、アマチュア問わず、基本的に全世界共通です。また、ひとたびそれぞれの競技場に足を踏み入れれば、競技者、観戦者問わずマナーを守り行動しなければならない場合がございます。モータースポーツでは、パドック内での整備の際、もしオイルやクーラントで地面を汚してしまったら、すぐに拭き取って頂いたり、 エンジンオイル等、下水に直接捨て る事が出来ない液体は、専用の場所に処理する等適切な処理を行って頂かなければなりません。その他、ゴミ(空いたごみ袋なども)が発生した場合にも、放置していれば風などで飛んでコース内に入り込む事が考えられますので、発見した場合は速やかにゴミ箱に捨てる(適切な処理)ようにして下さい。コースを走行する際に最も重要になる、ドライバーとドライバー以外の人との唯一のコミュニケーション手段となるコース上の 各ポストから出される旗の意味をしっかり理解し、サーキットを走行中でも 適切な判断が出来るよう認識していなければ なりません。これは、非日常的な速度が楽しめるサーキットでは、自己の無知が周りに多大な迷惑をかけ、大事故に繋がってしまう危険性がありますので、絶対に忘れないで下さい。また、サーキット走行などを行う為にサーキットを訪れる時は、必ず同伴者を最低一人連れてくる事をお薦めします。万が一、ご自分が事故などトラブルを招いた時に、連絡や同行の為に必要となる場合があるからです。念の為ではありますが、保険証のコピーを携帯する事もお勧めします。自分勝手な認識、安易な予測は、サーキットイベントでは生命にかかわる重大な事故の発生につながります。また、レース中に限らずスポーツ走行中のフラッグの無視による重大な違反などが身近に発生しています。これらは全てドライバーの認識不足、無謀な行動によるものとも考えられます。参加者の方々は、走行前に必ずドライバーズミーティングに出席して、フラッグの意味の確認、その日のコース、サーキットからの連絡事項などの確認を忘れないようお願い致します。参加者、観戦者問わず全てのモータースポーツ、クルマを愛する人が永遠に楽し めるように、皆様のご協力が必要です。

■「ハンス着用について」
2016 年から SUPER BATTLE of MINI レースクラスの「MOTO SPORTS CLASS」および「SILHOUETTE CLASS」に参加のドライバーは、ハンスの着用が義務となっています。
また、SUPER SPRINT CLASSにおいては、昨年から継続して、シーズン中に着用を検討してください。みなさまの安全のためご協力よろしくお願いいたします。

■ ジェット型ヘルメット着用について
サーキット走行に参加される方々へは、顔を覆うフルフェイス型ヘルメットを推奨させて頂いています。
これは箱型の車両でも、万が一衝突した際に、ドライバーがハンドル等へ顔を強打する事が考えられるからです。また、屋根の無いオープンタイプの車両の場合は顔の部分が覆われていないジェット型ヘルメットの着用は禁止となっています。これは、コースを走行中、前の車両が部品を破損する程のトラブルを起こしたり、衝突により部品が飛散した時、後続車が拾ってし まったり、直接後続車のドライバーに当たってしまう事などが考えられるからです。ご自分のレーシングギア(ドライバー装備)の再確認 もお忘れなく。

■ レースクラス参加車両の車検について
SUPER BATTLE of MINI 各レースクラスに参加の車両は、毎回車検場で出走前点検を行っております。
これまで参加をお断りする程の車両不良はありませんが、駆動系(ドライブシャフト)インナーブーツ、アウターブーツ、ステアリングラックブーツの破れ、また、オイルシール箇所からのオイル漏れが目立っております。是非、参加される前には事前の点検を各スペシャルショップで行う事をお薦めします。

■ けん引フックについて
サーキットで走行する場合は、必ずけん引フックを確認ください。
これは、万が一何らかの理由でコースアウトした場合、回収作業で必要になるからです。車両重量に関係なく、必ず車両の前後に取り付けてください。また、取り付けていない場合は、常に車両に携帯してください。特にグラベルゾーン(砂利または土を引き詰めた場所)に深く入ってしまった場合は、回収車両で引き出します。もし、けん引フックが取り付いていないと、車体の強度の無い箇所でけん引されてしまうこともありますし、何より回収作業に時間がかかり、他の参加者の走行時間が失われてしまいます。

参加者みなさまのご協力をいただけますようお願いいたします。

Copyright (C) 2003-2013 SANWA TRADING & CO., All Right Reserved.

TOPへ