検索条件
 PAGE
※該当データは見つかりませんでした

品番:SV-SFR

カタログページ:P.49-274

部品名 SVオリジナル SFR(可変式フューエルプレッシャーレギュレーター)
部品分類 スロットルボディー(Spi/Mpi)
メーカー 国内その他
備考
本体価格 18,000円
税込価格 19,440円

詳細情報

ストックヴィンテージ オリジナル SFR(可変式フューエルプレッシャーレギュレーター)の取り扱を開始いたしました。

SFR装着の目的
エンジンの吸入空気量を増やすようなチューニングを行ったときに発生する燃料不足(特に高回転、高負荷時)を補うためのパーツになります。

SFRの特徴
アイドリング時の燃調はノーマルに近い状態にしつつ、アクセルを踏み込んだ時のみ燃料を増量することができます。
SFRの最大のメリットは安定したアイドリングを損なうことなくインジェクションMINIのパワーアップの補助を可能にすることです。

機能はスロットルの負圧を利用し、燃圧を変化させるものです。
スロットル負圧の最大時と最小時の燃圧の差は約0.4キロとなります。
分かりやすく言えばアイドリング時と全開時の差ということになります。
出荷時はアイドリング時の燃圧を約0.9キロにセットされていますので全開時の燃圧は約1.3キロとなります。
(注意:エンジンの仕様によりスロットル負圧には差があり多少の燃圧差が生じます。)

装着に適したエンジンチューニングの一例
○ビックスロットルやハイリフトロッカー装着車
○インジェクションMINI専用カムシャフト装着車(キャブ用カムも一部使用可)
その他、エンジンパワーの目安として75馬力から90馬力前後の車

取り付け方法
純正プレッシャーレギュレーターのスプリングキャップをSFRに交換します。
そしてSFRにスロットル負圧からのバキュームホースを接続するだけのシンプルな装着方法になります。
しかし、エアクリーナーにバキュームホースを通すための穴開け加工は必要になります。

燃圧の調整方法
頭の調整ネジで行いますがこの燃圧調整には燃圧計による確認をお勧めします。
実際には燃圧計を使わずに感覚で調整しているユーザー様がほとんどです。

【注意】
フューエルラインに燃圧計を割り込ませる際に同時点火方式のMINIの場合フューエルホースを途中でカットする必要があります。
(この年式の場合はホースの両端がカシめられているのでパイフから容易に外すことが出来ないためになります。)
SFR装着によりスロットル(インマニ)負圧の変化に応じて燃圧も変化するようになります。このため、2000〜3000RPMのエンジン低回転時にアクセルを急激に開けた時に燃圧も急激にあがります。
ごくまれにですがカブリの現象が出ることがあります。
 燃圧のセッティングに関してはエンジンの仕様により若干の違いがあります。

詳しくはこちら


  • このパーツカタログの図・写真およびテキストの内容の一部もしくは全部を許可なく使用・複写することを禁じます。
  • 本パーツカタログの記載内容および価格は、予告なく変更することがありますのでご了承ください。
  • このパーツカタログの記載内容が原因で生じた損害については、いかなる理由においても、小社では責任を負いかねます。
Copyright (C) 2003-2013 SANWA TRADING & CO., All Right Reserved.

TOPへ